北海道カニ通販ナビ - 種類・人気ランキングとは?

北海道カニ通販 人気ランキング

北海道と言えば様々な食材を思い浮かべるでしょう。その中でも大変人気なのはカニではないでしょうか?しかし北海道まで食べに行くというのは、そう簡単に出来るものではありません。もし北海道の新鮮なカニをご自宅で楽しめるとしたら、大変うれしい事ですよね。ここで紹介する北海道カニ通販は、厳選された新鮮なカニを、大変お安く購入する事が出来るのです。ぜひ北海道の味を楽しんでみませんか?

 

北海道 たらばがに 通販

かにの王様といえば、たらばがに。

 

日本だけかと思ったらなんと英語でもレッドキングクラブと呼ばれています。

 

日本名の由来は鱈の漁場に「たらばがに」が多く生息していることから名付けられ定着しました。近年は乱獲気味で価格も相当高騰しています。

 

でも通販ならお手頃価格で手に入ります。かにですから高いものから安いものまであるのですが…

 

プリップリッとした食感で食べた後の満足感が味わえるたらばがに。

 

身がたっぷり入ったかにを北海道の地元産の塩で茹で上げ、旨味がにげないよう急速冷凍したものが自宅に届けられます。だいたい4日前後で北海道から直送。生の場合は空輸されます。

 

たらばがにのかに味噌は茹でても固まりにくく、そのまま茹でると味噌が脚の方に流れ出てしまうので、茹でる前にかに味噌を取り除き洗い流した状態で茹でます。

 

かに味噌は活の状態のものを取り寄せて調理します。フライパンで炒めると濃厚で本当に美味です。

 

1尾だいたい1キロから3.5キロぐらいものが主流です。4キロ以上のものもたまに漁獲され、足を広げるとなんと1m以上になります。足が折れてしまった訳あり商品なども売られていて、そちらだと相当割安になっています。

 

堅い甲羅に覆われ左右5対の脚があり、第1脚は挟脚で右爪の方が左より大きいのが特徴です。第5脚は小さくて外見からは見えないので4対の脚と説明されることもあります。

 

オホーツク海、ベーリング海、アラスカ沿岸の水深30m〜350mほどの砂泥底で、脱皮を繰り返しながら成長していきます。

 

ところで、このたらばがにはヤドカリの仲間だそうです。かには見かけによりませんね。そのため毛がにやずわいがにとは脚の数も違っています。

 

この太い足から出る大きな足の身を豪快に食べるのがたらばがにの醍醐味とか。

 

たらばがには包丁よりもキッチンハサミを使って調理すると簡単にさばけます。

 


北海道 ずわいがに 通販

 

かにの女王と言えばずわいがに。

 

北海松葉がにとも言われています。

 

大がにの中でも特に通販で人気の高いかにの一つです。ぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

 

水揚げ後、朝一番に地元産の塩で釜茹でされます。繊細で新鮮な味をそのまま堪能できます。

 

船内加工冷凍などの場合は、塩辛い海水で味付けをするためかにの味が落ちてしまいます。

 

このずわいがにですが、産地によって呼び名が変わります。

 

山陰地方では松葉ガニ、北陸地方では越前ガニ、北海道がずわいがにです。スリムで足が長いのが特徴ですね。

 

まろやかな甘味があり、風味が違い他のかにとは一線を画します。

 

ずわいがはボイルもおいしいのですが、活もまた、なんともいえぬ味わいです。

 

活きているずわいがにですから、お刺身はもちろんのこと、焼きがに、しゃぶしゃぶ、あつあつの茹でたてのかに、そして天ぷらも絶品です。

 

脚の先まで身が詰まっていて、かに味噌もたっぷり入っています。

 

左党にはたまらない酒の肴になります。かに味噌を身に絡めながらいただくのも本当に贅沢な食べ方です。

 

高級料理店の味わいを、自宅で寛ぎながら召し上がれるのかなんともいえません。

 

ずわいがには北海道オホーツク海、ロシア東岸、ベーリング海、カナダ沖などに生息する大型で身も太いバルダイ種と日本海からオホーツク海に生息するオピリオ種がいます。これらが日本で食用になるズワイガニです。

 

バルダイ種は大型でずんぐりむっくり、オピリオ種は細身でスマートな形をしていて、どちらも味は同じで遜色ありません。

よくお得で便利だと言われる蟹通販。

その利用時に、皆さんが利用を躊躇する理由があるとしたら、本当に新鮮な蟹が届くのかということでしょう。

蟹通販を初めて利用するという人の場合は、鮮度が悪いという先入観を持っている場合が多いのかも。

ところが、それは思い込みで、実際には通販の鮮度は決して一般販売に劣るものではありません。

蟹通販の蟹は大抵の場合、漁場からの直送ですから、流通ルートを経てスーパーなどの店先に並ぶ蟹よりも、むしろ新鮮さにおいては優っていることが多いのです。

家での食事にかにが出てくるだけでなんだか華やぐという経験は誰にでもあるものです。

そのかにが丸ごと一匹だったとすればみんなのにっこりがあふれたことでしょう。

大概の地域のスーパーでは一匹丸ごとのかにを売っていないところが多いでしょう。

かにを丸ごと買うなら、通販という手があります。

市場で買うのと同じくらい新鮮で、それより安いことが多く、ぜひ挑戦してください。

蟹には色々な食べ方がありますが、中でも美味しいのはまず蟹鍋、そして茹で蟹でしょう。

私の周りの蟹好きな人達も声を揃えます。

蟹を味わうには生の方がいいという方もいますが、刺身や蟹しゃぶは漁港の専門店で食べるような例外を除き、鮮度が落ちるので味は微妙です。

蟹の食べ方として塩茹でや鍋が良いと言われる理由がそれです。

それなら鮮度の劣る蟹であっても旨みが損なわれません。

この食べ方なら、もし味に物足りなさを感じたとしても醤油や土佐酢といった付けダレに手を加えれば、色々な味わいを楽しめるので飽きがありません。

蟹通販は品揃えが豊富な分、ポーションタイプ、冷凍、活蟹など、色々な種類の中からどれを選ぶかあれこれ迷ってしまう人もいると思いますが、結局はどういう食べ方をしたいかによって違います。

蟹鍋はポピュラーな食べ方の一つですが、それなら殻剥きの手間などがない、ボイル済のポーションタイプが最適といえます。

一方、蟹しゃぶで召し上がりたい場合、生冷凍か活蟹を選択するのが最も美味しく味わえます。

どのタイプがどんな調理法に最適か把握しておけば、便利な蟹通販をさらに快適に利用することができるのです。

直販でかにを買おうとすれば、どこから買うかとなりますが、北海道で決まりでしょう。

実は、それには訳があって、今のところ、毛蟹がとれるのは必然的に北海道になるからです。

参考:http://kani-direct.com/

まだまだ他にかにの種類はあります。

それなら日本海沿岸でもよく知られた産地はたくさんあります。

一つの例として、ズワイガニなら松葉ガニといわれるくらい鳥取産がおいしいことで知られています。

皆さん、日帰りのかに食べ放題ツアーは参加した方はどのくらいいらっしゃいますか。

おいしいかにを食べたい方、この手のツアーに申し込むのをためらっているなら、かにで有名なところを目的地に組み込んだ食べ放題ツアーを上手に利用されることを考えてはいかかでしょうか。

実は、こうしたツアーでは、産地おすすめのおいしいかにを地元の食べ放題よりも交通費も含めお得に食べられるのです。

かにがたくさん獲れる地域を探すと、北陸を挙げる方が多いです。

冬はかにと温泉と思えば石川県の粟津温泉はその代表です。

かにを味わった後、温泉に入る楽しみを求めて冬は特に、全国からの観光客がこの温泉を訪れます。

粟津近辺で獲れるかには大ぶりで、身はふっくらして味もジューシーです。

かにを求めてこの地を訪れる方は、満足できる旅になるでしょう。

蟹の激安通販という言葉に釣られる人は意外とたくさんいるように見受けられます。

安さでは群を抜いているので、一目見ただけなら、大変便利でいいものでしょう。

でも、考えなしに利用するのはよくありません。

常識的な範囲を超えるほど安い価格を掲げている場合、安売りを騙った詐欺業者であることも可能性として考慮しておかなければなりません。

トラブルや詐欺に巻き込まれないためにも、事前によく調べた上で購入を検討するべきです。

さもないと詐欺の被害に遭ってしまうかもしれません。

蟹の調理の仕方においては、蟹がどういう状態にあるかで気を付けるべきことがいくつかあります。

いくつかあるポイントの中でとりわけ注意すべきことは、冷凍蟹を解凍するときどうやるかということです。

大多数の方が急いで解凍するために水の中に蟹を入れてしまうことがあります。

そうしてしまうと、蟹にとっての大事な旨味が逃げてしまいますので、冷蔵庫に入れたままゆっくりと解凍しましょう。

ネット通販が全盛の現代では、蟹通販を利用すれば一歩も外に出ることなく、美味しい蟹を味わうことができます。

しかし、最近では蟹通販を取り扱う業者もどんどん増えてきましたので、どれを選んだらいいか分からない人も多いかもしれません。

ネット上ではいくつか人気ランキングが載っていますから、これを見るとどんな業者が人気なのか、容易に把握できます。

業者の選択に困ったときは、ひとまずランキング上位のところのよく買われている商品を選ぶのがいいでしょう。

そうすれば、まずハズレを引くことはありません。